脊椎管狭窄症が楽になる整体 向ヶ丘遊園・登戸

脊椎管狭窄症が楽になる整体向ヶ丘遊園・登戸

こんにちは。川崎市向ヶ丘遊園・登戸のねもと整体&ストレッチスタジオ院長根本です

今日は、動画で脊椎管狭窄症について話しました。

このブログを見ている方は、脊椎管狭窄症でお悩みの方が多いのではないでしょうか?

背骨が加齢で狭くなる病気が、脊椎管狭窄症です。

みのもんたが紅白の後に手術をしたのが有名な話

脊椎管狭窄症は、手術する前の予防ができます

脊椎管狭窄症は加齢で足の痛みや痺れに

靭帯が厚くなる靭帯肥厚)、腰椎ずれる腰椎すべり症での足のしびれ・腰の痛み、麻痺などが出て、腰部脊柱管狭窄症が発症します。

手術が必要になるケースもあります

馬尾症候群や歩行障害がある場合は、筋力低下、排尿・排便障害は、早く手術しなくてはいけません。

その際は手術がうまい経験豊富な医師に頼むしかありません。

しかしゴットハンドに出してもらうよりも、そこまでいってない段階で整体で予防することができます。

当院の整体は、全身を調整します。

私はして14年経ちますが、多くの方が適切に予防ができることがわかっています。

整形外科などでは保存療法が中心で全身の調整は行われていません。

なぜ全身の調整が必要なのか?

それは体が硬く、狭窄している腰に負担をかかけているからです。

つまり全身の動きをなめらかにすることで、多くの方が悪化することを防ぐことができます。

この調整法は全国でまだ行われているところが少ないので、当院には遠いところからもご来院されています。

ねもと整体LINE@からもお問い合わせ・ご予約ができます。